賃貸オーナーの未収金回収事例

1年近く滞納を続ける入居者に困り果てている

賃借人が行方不明となっており、賃料が回収できない

 

 

1年近く滞納を続ける入居者に困り果てているケース

「1年近く滞納を続ける入居者に困り果てている。」と賃貸オーナーから相談を受けました。
家賃の滞納が発生すると、当初想定していた家賃収入が得られず、オーナー側も借入金の返済などで困ることになります。
できるだけ早期の解決が求められる事案でした。

対応法王として、まずあh司法書士名で賃料滞納を理由とする賃貸借契約の解除および未払家賃の支払を求めました。

しかし、支払いの意思がなかったため、すみやかに建物明渡と賃料の支払を求めて訴訟を行いました。

強制執行手続を行う前に、相手方が退去したため、費用も節約した形で解決となりました。

 

 

賃借人が行方不明となっており、賃料が回収できないというケース

賃借人が行方不明となっており、賃料が回収できないとオーナーからの相談がありました。

賃借人が行方不明となっている場合でも、勝手に鍵を開けて無理やり賃借人の荷物を処分して

強制的に退去させてしまうのは、問題があります。

しっかりとした法的手続きを踏んで、明け渡しを行いたいというオーナさんの意向を受けて

速やかに退去させるために、建物明け渡しの訴訟を行い、問題のない形で建物の明け渡しに成功しました。

 


 

 

未収金回収ドットコムでよく読まれているページ

下記をクリックすると、ページが移動します。

 

未収金回収の事例TOPに戻る>>

司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。

Copyright (C) 2011 F&Partners All Rights Reserved.