即決和解


無題0001.png

 

即決和解とは

法的手続きを経ずに相手方との話し合いで合意するだけでは、
再度争いになってしまうことも考えられます。

このような場合、裁判所に出向き、
裁判所関与の上で和解調書を作成し、
裁判と同じような効力を持たせることも可能です。

このように、当事者間であらかじめ和解が成立している場合に、
簡易裁判所に対して和解の申し立てをすることを
「即決和解」と言います。

相手方の譲歩が見込まれ、こちらとしても受け入れられる
内容のものであれば、訴訟を起こしてより多くの時間やお金を
費やすよりも、こうした和解をもって解決に導くほうが、
時間的・金銭的コストの面でメリットが大きくなります。

即決和解では、和解の内容に対して和解調書が作成され、
強制執行が可能になります。

和解調書を作成するためには、問題の当事者双方が
簡易裁判所に出頭する必要があります。
もちろん、代理人を立てることも可能です。

口頭での申し立ても可能ですが、
通常書面を提出して申し立てを行い、
その際に和解内容を裁判所に提出します。

合意した内容が守られない場合は、この和解調書を根拠に
強制執行を行うことが可能になりますので、
未収金の回収がより確実にできることになります。

 

 

即決和解の手続き

口頭での申し立ても可能ですが、
通常書面を提出して申し立てを行い、
その際に和解内容を裁判所に提出します。

期日に双方が出頭して和解が成立すれば、
和解調書が作成されます。

 

合意した内容が守られない場合は、この和解調書を根拠に
強制執行を行うことが可能になります。

 

未収金回収の実績が豊富な当事務所では、
即決和解に関するご相談も承っております。

お気軽にご相談ください!

 

 

未収金回収ドットコムでよく読まれているページ

下記をクリックすると、ページが移動します。

司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。

Copyright (C) 2011 F&Partners All Rights Reserved.